陰毛の枝毛

ショック! 陰毛に枝毛があったら・・・

女性のイメージ

 

陰毛、よく見ると枝毛があることがあるようです。みつけたら正直ショックですよね・・・。

 

そんなに多くの方の陰毛に、枝毛が発生しているというわけではないようなのですが、でもやっぱり陰毛だって「毛」であることには変わりません。髪の毛と同様に傷んでしまって、枝毛ができてしまうことはあります。

 

毛の質や長さのほかに、石けんなどで洗いすぎたことにより傷んでしまったことなどが、原因として考えられます。

 

そこでどうするかというと、やはりトリートメント。

 

地肌につかないように気をつけながら、髪の毛用のトリートメントを使ったら効果があり、しっとりしたなんていう話もききました。

 

ただ、あくまで頭皮用ですので、陰毛に保証はされていません。デリケートな部位なので、お肌も弱いから、やるべきではありません。

 

とにかくあまりごしごし洗わず、優しく扱うっていうことが大事なのかもしれません。

 

気になったからといって、ハサミでちょきちょき切ったりすると、毛の先端部分が尖ってしまって、痒みやかぶれになったりしますのでご注意を!

 

もし陰毛をキレイに処理したいということであれば、エステで処理をするのが一番。

 

 

陰毛の脱毛、おすすめのエステはこちら

 

 

ちなみに、陰毛の処理は、デリケートな部分ですので、自分でやるのはおすすめできません。もし、どうしても家で自己処理したい、という場合は、ハサミやヒートカッターなどを利用するのではなく、脱毛器を使うほうがよいです。

 

陰毛は、つねに下着などにすれている状態ですし、なにより毎日観察するということもないでしょうから、ふと何かの拍子に枝毛があるのにビックリ!という人も多いようですよ。

 

でも特に異常というわけではありませんので、あまり心配しなくてよいでしょうね。

 

 

枝毛ができる原因と対策方法

陰毛の枝毛_リボン

枝毛ができてしまう原因は単純に髪の毛が傷んでいるからです。

 

髪が傷む理由としては、パーマやカラーリングの回数が多い、シャンプーがあっていない、ドライヤーをするときに髪に近づけすぎている、洗髪後にきちんと乾かさずに濡れたまま寝てしまうということがよくある髪の毛が傷む原因になります。

 

枝毛を見つけると気になって裂く人もいますが、裂くことによって髪の毛が細くなってしまいまとまりにくい細い髪の毛が増えることにもつながります。一度裂いてしまうと髪の毛は元に戻らないため裂かずにハサミで切る人もいます。

 

枝毛対策としては、髪の内側に浸透するトリートメントでケアするしかないと言われています。やり方としては、ブラッシングをして髪のもつれを取り、シャンプーはあったものをよく泡立てて地肌をマッサージするようにしてトリートメントを根元までしっかりつけて時間を十分におくことが大切です。ドライヤーを行う時はあまり近づけすぎずに手早く乾かすことが傷みに繋がらない方法です。

 

陰毛にも枝毛ができてしまうことがありますが、これも原因は頭髪と同じく傷んでいることが原因だと考えられています。具体的な原因としては、ボディソープや石鹸による洗いすぎ、下着などによる摩擦、無理なアンダーヘアケアなどが挙げられます。

 

アトピーの症状によって枝毛が出てきてしまったり、そのせいで痒いなどの症状が現れることもあります。それらを改善するためにはきちんと陰毛をケアして痒み止めなどを利用すればきちんと対処することができます。

 

陰毛の枝毛の処理の仕方としては、気になる部分をヒートカッターで処理したり、専用のトリートメントを使ってケアすることも有効です。気になる場合には、医療機関やエステで脱毛することもオススメです。