デリケートゾーンの保湿クリーム

陰毛の脱毛のあとには、保湿をたっぷり優しく

デリケートゾーンのお悩みは人それぞれ。結構色々なことで悩んでいる人はいるのですが、なかなか人に相談できる話でもないですし、ひっそり、一人で抱えている方も多いようです。黒ずんでいるとか、なんだか痒みがあるとか、陰毛が人より濃いとか。。

 

デリケートゾーンは名前の通り、デリケートで、もともと肌の薄い部分です。ちょっとした下着の素材や、ナプキンなどによってもかぶれてしまいますし、清潔にしておくに超した事はありませんが、あまり洗いすぎても逆に肌トラブルを招いてしまったり、難しいですよね。

 

鍵

全身の体質として、乾燥気味の人、デリケートゾーンにも保湿クリームを塗っていいのかどうか迷いませんか?

 

普段からデリケートゾーンに保湿クリームを塗らないといけないという人はあまりいないかもしれませんが、例えば、VIOラインの脱毛などをした後のケア、保湿ケアは必要でしょう。

 

ただ、陰毛の脱毛そのもので、すでに肌に負担をかけており、通常よりもさらにデリケート、ダメージを受けやすくなっています。むやみにクリームやら化粧水やらをデリケートゾーンに塗りまくるというのも少々危険です。

 

まずは手を清潔にして、コットンなどに化粧水をふくませ、優しくデリケートゾーンに馴染ませます。そのままだと化粧水は蒸発してしまいますので、保湿クリームを、これまた優しく付けてあげて下さい。そうすることでお肌を保護してくれ、肌トラブルの軽減につながります。

 

デリケートゾーン専用の保湿クリームは、黒ずみのケアにも効果あり

デリケートゾーンは皮膚が弱く角質層が薄い部分です。更にムダ毛の処理や下着のこすれ、生理用ナプキンなどで外部からの刺激が多い部分でもあります。そのような条件なので、肌荒れや黒ずみを起こしてしまうことが多いです。また、特に乾燥によるかゆみや痛みは辛いものですし、それにより雑菌が繁殖し、ニオイを発生してしまうこともあります。

 

このようにデリケートゾーンはトラブルの多い体の箇所と言えます。

 

それを改善するためには、肌に潤いを持たせるデリケートゾーン専用の保湿クリームを使用することです。それは、肌を乾燥から防ぐ保湿成分、黒ずみをケアする成分、肌を清潔に保つ成分が含まれていものです。そして、アルコールや香料が無添加で肌に負担をかける成分が入っていないことも特徴です。

 

入浴の際、ごしごし洗わずにそっと優しく洗って清潔にした後に、こういった専用のクリームを塗ることで、乾燥が改善され、肌のターンオーバーが正常化されていくので、新しい肌に生まれ変わり黒ずみも消えていくのです。顔と同じようにデリケートゾーンの日々のケアもしていくことが大切です。

 

専用クリームのほかデリケートゾーン専用の化粧水をコットンに含ませたものもあります。こういったコットンでのケアも肌を傷めずに保湿できる良い方法です。

 

また、ワセリンは保湿効果が高く、赤ちゃんからお年寄りまで使用できる安全な保湿剤なので、それを脱毛後の肌に塗ることで敏感になっている痛めた肌を改善していく効果があります。

 

このように、デリケートゾーンはとても繊細で弱い肌部分であるからこそ、大切にケアしていくことが必要なのです。乾燥によるかゆみやニオイ、色素沈着から守ってその悩みからの解放で、日々の生活がとても明るくなるはずです。

 

デリケートゾーン脱毛についてはこちらの記事