陰毛脱毛の形

どうする、陰毛脱毛の形!? 逆三角形、スクエア、たまご型など・・・

デリケートゾーンのムダ毛。結構悩んでいる人多いですよね。でも人にはなかなか相談できないし・・・。

 

自己処理している人もいるようですが、やっぱり自分でやると色々な肌トラブルなどを引き起こす原因になってしまいます。

 

だからエステやサロンに行って処理するのがオススメではあります。が、さて。エステサロンにいって、どうやってデリケートゾーンを処理してもらうのか、どう依頼するべきなのかって困りませんか?

 

「陰毛をどう脱毛したいのか。ツルツルにしてしまいたいのか、ある程度残しておきたいのか。残すとしたらどういう形にしたいのか」というのが課題になります。

 

行く前にきちんと自分がどうしたいかを決めておくとよいです。そこで、一般的な陰毛の残す形についてまとめておきたいと思います。

 

ananのブラジリアンワックス特集
▲ 人気雑誌ananでも陰毛の処理について特集されています(an・an1781号)

 

まずダントツ人気なのが三角形。一番自然なカタチといえるかもしれません。逆三角形やデルタ型ともいわれます。小さめが今風。

 

続いてオーソドックスなのが、たまご型(あるいはオーバル型やだ円型とも言われます)。

 

長方形(スクエア、四角形)も人気があります。海苔のようにちょこんとついた感じですね。

 

いずれも、長さは適度に短く、あまり濃くなく、薄すぎず、あくまでも自然なカタチで。きれいにお手入れしている感がでればベストなんじゃないでしょうか。

 

一部で人気なのがハート型。かわいいですよね。彼氏に喜んでもらえるかどうかはちょっと謎ですが。。 叶美香さんがハート形だという噂もありますね。

 

あとは、完全にツルツルにしてしまうハイジニーナタイプ。パイパンと呼ばれることもあります。海外では非常に多いそうで、日本でもこの無毛スタイルは徐々に一般的になりつつあります。

 

 

安心して陰毛の脱毛を相談できるエステはこちらの記事

 

 

陰毛脱毛の形_おしゃれなネコ

エステのデリケートゾーン脱毛では、形はもちろん、濃さや長さも調整していくことができます。

 

例えば、今生えている陰毛全部に脱毛機器を当てるというやり方があります。つまり、ツルツルのハイジニーナに一瞬なってしまいます。

 

これにより、次に生えてくる毛は、全体に少し薄くなったり、柔らかくなったりするというわけです。

 

各個人の陰毛の濃さや量に応じて、調節していきます。こうしたことは、素人にはわかりませんね。

 

でも、施術する前に、エステのカウンセラーさんに相談できますので心配はいりません。ちょっぴり恥ずかしい気もしますが、いまやデリケートゾーンの脱毛は、エステに来る人の3人に1人がやっているともいわれる時代。

 

あまり、構えてしまう方が不自然ですので、リラックスして脱毛エステで相談しましょう!