ムダ毛の悩み

ムダ毛処理の悩み、脱毛の疑問エントリー一覧

脱毛がきっかけ? 毛嚢炎とは

毛嚢炎ってご存知ですか?毛嚢炎とは、毛包炎とも呼ばれ、ひとつの毛穴にブドウ球菌が感染して起きる皮膚の病気です。毛穴と言っても浅い部分の感染症ですので、小さなぶつぶつができたり、中央に膿を持ったおできのようなものができる程度です。かゆみはなく、痛みもほとんどありません。脱毛サロンの脱毛では、毛穴の黒い...

続きを読む

毛嚢炎の治療と市販薬について

毛嚢炎はかゆみや痛みがほとんどありません。軽いものであれば、放置しておけば自然治癒します。ただし、かゆみや痛みがでたり、次から次へと毛嚢炎になるようであれば皮膚科の診察を受けましょう。また、ぶつぶつの中に固いしこりがあったり、なかなか治らないときは悪化しているのかもしれません。この場合も、病院で医師...

続きを読む

おしり脱毛に適した方法はどれ?

おしりの脱毛に高いニーズがあるというと、意外に思われるでしょうか。おしり、といっても、VIO脱毛に含まれている肛門周りのOライン脱毛の方でなく、あくまでも臀部のことです。ある統計によると、比較的目立つムダ毛が生えている、産毛が密生して肌がくすんで見えるなど、何らかの形で臀部のムダ毛を気にしている女性...

続きを読む

膀胱炎になりやすい人は、VIO脱毛が予防に効果的?

排尿の時に痛みが出る、トイレに行ったばかりなのにもう尿意をかんじる、など、膀胱炎の症状に悩む女性は多いですね。ある統計では、軽いものまで含めると、4人に1人の方が膀胱炎の症状に悩んでいる、または悩んだことがあるという数字もあります。膀胱炎の対処法、予防法はいくつかありますが、一説にはデリケートゾーン...

続きを読む

生理中には脱毛を受けない方がいい?

脱毛サロンでも医療クリニックでも、予約日と生理が重なった場合は施術は延期になることがほとんどです。陰毛などのデリケートゾーン以外であれば受けることができるようになっているサロンもありますが、生理中は肌を含めた体全体のコンディションが不安定になる期間ですから、できれば受けない方がよいのです。脱毛は、ム...

続きを読む

痔を患っていると、VIOのOライン脱毛はできない?

痔を患っている場合、VIO脱毛のOラインの脱毛は受けることができません。少し恥ずかしい話題ですが、女性にとっては身近な話題でもあります。女性は便秘傾向になりがちですから、痔に悩んでいる方は意外に多いのです。クリニックやエステサロンの脱毛機器は、レーザーやライトを照射して熱で脱毛させる方式です。そのと...

続きを読む

施術前の冷たい、不快なジェルを塗る理由

一度でも脱毛を経験したことのある人ならご存知だと思いますが、脱毛サロンで照射する前に、必ずすることが一つあります。それは冷たく冷やしたジェルを施術する部位に塗ることです。寒い冬に脱毛サロンに行くと、冷えた体に冷やしたジェルを塗られるのは結構こたえます。陰毛などデリケートゾーンの脱毛でも例外ではありま...

続きを読む

妊娠したら脱毛はできるの? ホルモンバランスと体調

妊娠中は脱毛を受けることはできるのでしょうか。一般にはヘアカラーなども避けた方がよいといわれますし、気になりますよね。たいていのサロンでは、妊娠したら脱毛の施術は一時ストップ、という扱いになることがほとんどです。これには主に二つの理由があります。まず、施術を受けても思ったような脱毛効果が得られなくな...

続きを読む

ペースメーカーをつけている場合の脱毛と影響

心臓の機能にトラブルを抱えている場合、体内に小型の医療機器を埋め込み、心筋に電気刺激を送って心収縮を人為的に作り出すという治療が行われます。この治療で体内に埋め込む医療機器を心臓ペースメーカーと呼びます。こうした特殊な医療機器を使用している方は、脱毛を受けることは可能でしょうか。ペースメーカーの利用...

続きを読む

施術中に使用される麻酔、笑気麻酔とはどんなもの?

脱毛の施術で一番つらいのが痛み。特に、敏感なVIOは痛みが激しいとされます。クリニックで脱毛を受けた方の中には、痛みを緩和するための笑気麻酔をすすめられたり、または実際に使用した経験があると思います。鼻から吸い込むタイプの簡易な麻酔なのですが、どのような成分で痛覚が麻痺するのか、そして副作用がないの...

続きを読む

糖尿病の人が施術できない理由と合併症のリスクについて

サロンや医療機関で脱毛を受けるとき、障害になってしまう病気というのがいくつかあります。平たくいうと、施術を断られてしまう病気ですね。糖尿病はそうした病気の代表です。施術前のカウンセリングでは必ず、病気や常用している薬についての質問がありますが、糖尿病の場合はかなり高い確立でチェックが入ってしまうと思...

続きを読む

セクシャルマイノリティの脱毛。オネエやおなべの場合

ちょっとデリケートですが、この記事では、セクシャルマイノリティの方が脱毛に通いたいと考えた場合、という話題です。オネエ、おなべ、ゲイやレズなど様々な呼び方がありますが、いずれにせよ体が男性で女性として日常を送っている方、逆に体が女性で男性として日常を送っている方、こうした方は、男性用、女性用、どちら...

続きを読む