妊娠したら脱毛は

脱毛中に妊娠がわかったら

妊娠中は脱毛を受けることはできるのでしょうか。一般にはヘアカラーなども避けた方がよいといわれますし、気になりますよね。たいていのサロンでは、妊娠したら脱毛の施術は一時ストップ、という扱いになることがほとんどです。これには主に二つの理由があります。

 

妊娠したら

 

まず、施術を受けても思ったような脱毛効果が得られなくなる可能性があるためです。妊娠すると、体内のホルモンバランスが大きく変化します。単純にいうと、女性ホルモンの分泌が増加するのですね。女性ホルモンは発毛に関係したホルモンですから、一時的に体毛が濃くなったり、また処理をしても、ムダ毛が思ったようになくなってくれない、といった症状が起こってきます。

 

二つ目は、体調が不安定になるためです。今述べたように、妊娠は女性の体にとって非常に大きな変化ですから、体調にも大きな影響があります。味の好みが変わったり、何でもないものがひどく体にこたえるようになったりという話は多いですよね。脱毛の施術は意外にたくさんの刺激が伴います。処理時の痛みや熱、冷却ジェルのにおい、部位によってはお腹を圧迫する格好をすることもあります。そうしたことがきっかけで急に体調を崩すことを考慮して、特に医療機関ではない脱毛サロンでは、妊娠がわかった時点で施術は一時休止となります。妊娠の可能性がある方は、最初に、妊娠した場合は契約はどのようになるのか、確認しておくと安心です。

 

皮膚科の中では、これらのデメリットを患者さんに把握してもらった上で、施術を行ってくれるところもあります。でも前述のように脱毛効果も低くなるわけですし、やはり妊娠期間は施術はお休みするのがよいのではないでしょうか。レーザーで脱毛を受けていた方の場合は、妊娠がわかるまでの間、お腹の赤ちゃんにレーザーによる影響がなかったか心配になると思います。でも医療に使用するレーザーはそれほど強い出力のものはありません。波長が長いレーザーは体の奥まで浸透するといわれますが、せいぜい3〜5mm程度です。それに、レーザーは特殊なライトではなく、もとは太陽光に近いものです。たとえお腹の周囲に照射しても赤ちゃんに何らかの影響があるということはまずないので、安心してください。

妊娠したら脱毛はできるの? ホルモンバランスと体調関連ページ

脱毛がきっかけ? 毛嚢炎とは
毛包炎とも呼ばれる毛嚢炎は、ひとつの毛穴にブドウ球菌が感染して起きる皮膚の病気です。VIOラインの陰毛のように、太い毛を処理した時におきやすくなっています。
毛嚢炎の治療と市販薬について
毛嚢炎はかゆみや痛みがほとんどなく、軽いものであれば、放置しておけば自然治癒します。デリケートゾーンの毛嚢炎は「外陰毛嚢炎」とも呼ばれ、とくに夏や生理のときは蒸れやすく、毛穴にブドウ球菌が入りやすくなります。
おしり脱毛に適した方法はどれ?
臀部の脱毛は女性の間でも密かにニーズが高いです。おしりは肌が薄くできており、処理範囲も広いことから、光脱毛かワックス脱毛が適しています。ワックス脱毛は古い角質を除去できるため、新陳代謝をうながす効果もあります。
膀胱炎になりやすい人は、VIO脱毛が予防に効果的?
デリケートゾーンの脱毛は、肌を清潔に保ちやすく、雑菌の繁殖を抑える効果があります。しかし、膀胱炎はからだの抵抗力が落ちて侵入した菌を除去できなくなるのが一番の原因ですから、抵抗力を整えるのがより有効です。
生理中には脱毛を受けない方がいい?
生理の時はホルモン分泌の急激な増加や、腹筋の硬直などが起こり、それによってコンディションが乱れがちになります。脱毛は熱さや痛みなどの刺激が伴う施術ですから、体調の悪い時は受けない方が安全です。
痔を患っていると、VIOのOライン脱毛はできない?
痔の方はVIO脱毛のOラインは受けられません。熱でムダ毛を処理するため、症状を悪化させるリスクがあります。ただし、症状が軽い場合は施術してくれる医療機関もあります。
施術前の冷たい、不快なジェルを塗る理由
施術前のジェルの塗布にはどのような理由があり、どんな効果があるのかをまとめてみました。陰毛の脱毛など、痛みの激しい部分では、痛みを軽減する効果もあります。
ペースメーカーをつけている場合の脱毛と影響
心臓疾患でペースメーカーをつけている方は、脱毛は受けられないことがほとんどです。医療機関のレーザー脱毛だけは、受け付けているクリニックもありますが、トラブルの可能性が皆無ではありません。
施術中に使用される麻酔、笑気麻酔とはどんなもの?
笑気麻酔は亜酸化窒素と酸素の混合ガスで、吸い込むと軽い酩酊状態になり、痛みが気にならなくなるという効果をもたらします。意識の喪失をともなわず、副作用もあまりないため、安全な麻酔といわれています。
糖尿病の人が施術できない理由と合併症のリスクについて
糖尿病は、糖によって血管や神経に障害が起きたり、免疫力が低下するなどの合併症があります。そのため、光脱毛など毛穴に傷がつく施術は傷が重症化するリスクがあり、断られることがほとんどです。
セクシャルマイノリティ
セクシャルマイノリティの方が脱毛を受ける場合は、「体」の方に合わせて男性用か女性用か、サロンを選択して下さい。ただ、見た目も体質もほとんど女性と変わらない方は、女性用でもかまわないように思われます。サロンに問い合わせてみてください。